名古屋市中村区名駅でシングルモルトウィスキーが楽しめる隠れ家的なバーの「BAR Kobo」のロゴ

名古屋市中村区名駅にある「BAR Kobo」は、シングルモルトウィスキーが楽しめる隠れ家的なバーです。

名古屋市中村区名駅にある隠れ家的なバーの「BAR Kobo」のドリンクメニュー
HOME >  DRINK  > ドリンク

Drink

ウィスキーはシングルモルトを中心に各地域、蒸留所の特色を体現できるものを取り揃えております。
こちらのリストに載っていない物もございます。スタッフにお尋ねください。
また、価格は全て1ショットの価格です。ハーフショットでもご用意致します。

Japanese Single Malt Whisky

スッコチウィスキーを手本としながらも、日本特有の繊細さ優美さを持ちあわせ世界的な品評会において、
山崎や響、竹鶴、余市などが、金賞をとるなど世界的にも評価が高い。
  • 山崎 10年 (Yamazaki 10years)

    ¥600

1923年創業の日本のウィスキーの原点。スムーズで柔らかい口当たりです。
  • 山崎 12年 (Yamazaki 12years)

    ¥900

繊細で上品なテイスト。日本を代表するシングルモルトウィスキー。
  • 山崎 18年 (Yamazaki 18years)

    ¥2,000

シェリー樽熟成原酒を中心に後熟。圧倒的な熟成感を堪能できる一品です。
  • 山崎 25年 1984 (Yamazaki 25years 1984)

    \13000

山崎誕生25周年を記念して発売。原酒は全て1984年に蒸溜、主体は日本産オークのミズナラ樽モルト。
ミズナラ特有の伽羅、香木様の香り。世界1984本限定
  • 山崎 各種 (Yamazaki Other)

    \1300
      より

・山崎バーボンバレル '10,'12 ・山崎パンチョンカスク '10,'12 ・山崎ミズナラ '10,'11,'12 ・山崎シェリーカスク '12
・山崎蒸溜所樽出原酒 ・山崎梅酒樽後熟 ・カスク・オブ・ヤマザキ~シェリーバット~ 
・カスク・オブ・ヤマザキ~ヘビーリーピーテッド~ ・山崎蒸溜所オーナーズカスク 等
  • 白州 10年  (Hakushu 10years )

    \600

甲斐駒ケ岳のふもと白州峡の広大な森のウィスキー。
  • 白州 12年 (Hakushu 12years )

    \900

爽やかな新緑の香りと果実香に甘く柔らかなスモーキーさが漂う。
  • 白州 18年 (Hakushu 18years )

    \2000

長期熟成モルトならではの深い味と香り。
  • 白州 各種 (Hakushu Other)

    \1200
      より

・白州バーボンバレル ・白州ヘビリーピーテッド ・白州シェリーカスク 
・カスク・オブ・ハクシュウ~スパニッシュオークボタコルタ~ ・カスク・オブ・ハクシュウ~ヘビーリーピーテッド~ 
・カスク・オブ・ハクシュウ~ホッグスヘッド~ ・白州蒸溜所オーナーズカスク 等
  • 余市 10年 (Yoichi 10years )

    \700

1934年創立。日本のウィスキーの父 竹鶴政孝翁が最初に造った蒸溜所。
今でも石炭直火を続ける、世界で唯一の蒸溜所。
  • 余市 12年 (Yoichi 12years )

    \1000

豊な熟成香と穏やかなピートの香り。心地よいピートの味わいが上品に続く。
  • 余市 15年 (Yoichi 15years )

    \1400

ほのかなピートの含み香と深くまろやかな余韻が特徴的。
  • 余市 20年 1988 (Yoichi 20years )

    \2500

円熟した密のようなエレガントな味わい。豊に広がる芳香と熟成感。
  • 宮城峡 10年 (Miyagikyo 10years )

    \700

1969年設立 杜の都仙台に建てられたニッカウヰスキー第2の蒸溜所 。
  • 宮城峡 12年 (Miyagikyo 12years )

    \1000

すっきりと甘く熟成した華やかな香り。バニラ香と穏やかなピート香飲み飽きない秀逸なウィスキー。
  • 宮城峡 15年 (Miyagikyo 15years )

    \1400

深みのある熟成の甘さとコク、香ばしくソフトな広がり柔らかくスムースな舌触りが特徴。
  • イチローズモルト 秩父 ザ・ファースト (Ichiro'sMalt chichibu The First )

    \1500

父と祖父の意思を継ぎあらゆる可能性に挑み、理想のウィスキーを目指すモルトドリーマー肥土伊知郎氏。
2008年春 秩父蒸溜所として肥土伊知郎氏の理想のウィスキー造りが始まります!
『ザ・ファースト』肥土伊知郎氏の最初のウィスキーです。
2008年蒸溜/2011年瓶詰 7400本 61.8% 柑橘類の爽やかさとバニラの様な甘いフレーバー。熟成年数からは想像できない複雑で奥深い味わい。 
  • イチローズモルト 秩父 ザ・フロアモルテッド (Ichiro'sMalt chichibu The FloorMalted )

    \1100

秩父蒸溜所のスタッフが自らフロアモルティングを行ったモルトを100%使用。手作りモルト100%のウィスキー。
  • イチローズモルト 各種 (Ichiro'sMalt Other)

    \900より

・リーフラベル(ピュアモルト)[・ダブルディスティラリー ・MWR ・ワインウッドリザーブ]
・カードシリーズ[・ナイン。オブ・スペーズ ・トゥー・オブ・スペーズ]
・カードシリーズ冬の星座ラベル[・シックス・オブ・スペーズ ・フォー・オブ・ハーツ]
・ニューボーン[・ミズナラホグスヘッド ・ニューホグスヘッド ・バーボンバレル]
・イチローズモルト&グレーン(ブレンデッド) 等
  • 軽井沢15年 EX (Karuizawa 15years EX )

    \700

1955年創業の軽井沢蒸溜所。麦芽にマッカランと同じゴールデンプロミス種を使用している。
  • 軽井沢15年 (Karuizawa 15years )

    \1200

1976年に国内初のシングルモルト『軽井沢』を世に送り出す。数名の職人が造る『小さな蒸溜所』。
  • 軽井沢 17年 (Karuizawa 17years )

    \1300

熟成はほとんどドライ・オロロソシェリー樽。バランスにすぐれた秀逸なウィスキー。
残念ながら現在生産は行われていない。
  • あかし 5年 (Akashi 5years )

    \700

海まで徒歩1分。瀬戸内で生まれたウィスキー。
  • マルス シングルカスク 樽904 (Mars SingleCask Cask No,904 )

    \1000

ジャパニーズウィスキーのもう一人の生みの親 岩井喜一郎氏。信州工場建設には、岩井喜一郎氏が陣頭指揮をとりました。
1992年3月から生産されていなかったが2011年2月再び蒸溜釜に火が入った。
  • マルス モルトギャラリー’91 (Mars MaltGallery '91 )

    \1600

モルトギャラリーは信州マルス蒸溜所で熟成されたモルト原酒の中から
蒸溜年毎の個性的なウィスキーを厳選した蒸溜所限定のシングルモルトです。
1991.3-2009.4 18年 Alc58% アメリカンホワイトオーク(新樽)
  • マルス モルトギャラリー '88 (Mars Malt Gallery '88)

    \2000

モルトギャラリーは信州マルス蒸溜所で熟成されたモルト原酒の中から
蒸溜年毎の個性的なウィスキーを厳選した蒸溜所限定のシングルモルトです。
1988.5-2009.4 21年 Alc58% シェリー・バット/スパニッシュオーク
  • ザ・モルト・オブ・カゴシマ 1984 25年 (The Malt of Kagoshima 1984 25year )

    \1700

日本の中では最南端に在った蒸溜所。現在はウィスキー造りは行われていない。
1984年に鹿児島蒸溜所で最後の蒸溜し、25年間シェリー樽で熟成したウィスキーです。

Scotch Single Malt Whisky

スコットランド全土にモルト蒸溜所は120カ所以上あり生産地区分ごとに味に特徴がありさらに各蒸溜所ごとに
香りや味に違いがあるスコットランドの地酒です。

Islay アイラ島

アイラ島のウィスキーの特徴は潮の香り、海藻のような独特のヨード臭とスモーキーさ他の地域にはない特徴です。
一度飲んだら忘れられないウィスキーです。
  • BOWMORE 12年 (ボウモア)

    ¥700

創業1779年アイラ島最古の蒸溜所。島の中心部に位置するせいか南のヘビーな酒と北のライトな酒の中間的な酒。
アイラモルトの全体像を把握するには最適なモルト。
  • BOWMORE 各種 (ボウモア)

    ¥700~

・10年テンペスト ¥900  ・12年エニグマ(旧ボトル) ¥700  ・15年マリナー(旧ボトル) ¥1200
・16年1989リミテッドカスク バーボン樽 ¥1600  ・16年1990リミテッドカスク シェリー樽¥1600
・16年1991リミテッドカスク ポートワイン樽 ¥1600・16年1992リミテッドカスク ワイン樽 ¥1600
・カスクストレングス(旧ボトル) ¥1200  ・18年 ¥1200  など  
  • LAPHLOAIG 10年 (ラフロイグ)

    ¥800

創業は1815年チャールズ皇太子御用達のモルト。正露丸の様な香りの中にフルーティーな香りが。
10年はハイボールにしても面白いと思います。
  • LAPHLOAIG 各種 (ラフロイグ)

    ¥800~

・10年カスクストレングス \1000 ・15年 \1300  ・18年 \1500
・25年カスクストレングス \9500  など  
  • ARDBEG 10年 (アードベッグ)

    ¥700

1815年創業。ピーティーでスモーキーな香り スイートでスムーズ是非ストレートで!
  • ARDBEG 各種 (アードベッグ)

    ¥1000~

・ブラスダ ¥1000  ・コリーヴレッカン ¥1100  ・ウーガダール ¥11000
・スーパーノヴァ'09 ¥1200  ・スーパーノヴァ'10 ¥1300  ・アリゲーター ¥1340
・ロード・オブ・ジ・アイルズ ¥3600 ・アードベッグ デー ¥1000  
  • LAGAVULIN 16年 (ラガヴーリン)

    ¥900

1816年創業。 ラガヴーリンとは『水車小屋のある窪地(湿地)』の意
ピーティーでスモーキー、どっしりとしたコク、ベルベットの様な滑らかな舌触り。
アイラモルトの中でもっともリッチで重厚なモルトウィスキー。
  • LAGAVULIN 各種 (ラガヴーリン)

    ¥1300~

・12年 \1300 ・ダブル・マチュアード \1300  ・25年カスクストレングス \3000   
  • BRUICHLADDICH 10年 (ブルイックラディ)

    ¥700

蒸溜所が建てられたのは1881年。1994年以降操業はほとんど行われていなかったが、
2001年春より再び操業再開している。
ブルイックラディとは『海辺の丘の斜面』の意。
  • BRUICHLADDICH 各種 (ブルイックラディ)

    ¥700~

・ピート ¥700  ・X4+3 ¥900  ・リンクス14年 Kクラブ ¥1000
・リンクス バルハラ ¥1000  ・14年 イタリアンコレクション ¥1000  ・15年 ¥1100
・インフィニティ ¥1200  ・16年 キュベA(シャトーラフィット樽後熟) ¥1100
・16年 キュベC(シャトーマルゴー樽後熟) ¥1100
・PC8 ¥1500  ・オクトモア エディション03.1 ¥1600  ・ケルティックネイションズ ¥1000   
  • CAOLILA 12年 (カリラ)

    ¥700

カリラとは『アイラ海峡』の意。アイラモルトとしては比較的軽くてドライだが個性は強烈。
スモーキーでピーティー。アイラのスモーキーなモルト入門編としてはおすすめ。
  • BUNNAHABHAIN 12年 (ブナハーブン)

    ¥700

ブナハーブンとは『河口』の意。アメリカでの人気が高いシングルモルト。
12年はスイートでフレッシュ、潮のアクセント、かすかにピーティー。
トチェックはピーティーなブナハーブン。
・トチェック ¥800
  • KILCHOMAN 3年 (キルホーマン)

    ¥1200

創業は2005年6月。124年ぶりにアイラ島に誕生した蒸溜所。ピーティーでスイートとても秀逸なウィスキー。
・2010年 冬 ¥1200  ・2011年 春 ¥1200
  • PORT ELIEN 25年 5th RELEASE (ポートエレン)

    ¥6500

1983年5月に蒸溜所は閉鎖。今は製麦所になっている。ピーティーでスモーキー非常にパワフルなウィスキー。
熱烈なファンも多く、ストックも少量となりますます幻となりつつある。
・プロヴェナンス 17年 ¥2800  ・プロヴェナンス 23年 ファイナルヴィンテージ ¥3400

Speyside スペイサイド

スコッチのモルトウィスキーの中で最も華やかで、バランスに優れた銘酒が揃っている。風味の上ではアイラモルトと
対極にあるが、どちらもスコッチの「聖地」である。
~フォレス地区~
  • DALLAS DHU 18年 (ダラス・ドゥー)

    ¥1,600

ダラス・ドゥーはゲール語で「黒い水の流れる谷」の意。1983年蒸溜所は閉鎖。現在はモデル蒸溜所・博物館として
一般に公開されている。もちろん今後一切ウィスキーがつくられることはない。
~エルギン地区~
  • GLEN ELGIN 12年 (グレンエルギン)

    ¥700

深みがあり、ジンジャーやプラムの香り。甘・辛のバランスがとれていて、しっかりしている。スペイサイドの美酒。
  • GLEN LOSSIE 10年 花と動物 (グレンロッシー)

    ¥1,000

知る人ぞ知るフルーティーなスペイサイドの佳酒。市販される量が極めて少ない入手困難なモルトウィスキー。
  • MANNOCHMORE 12年 花と動物 (マノックモア)

    ¥700

グレンロッシーの敷地内に在る姉妹蒸溜所。フレッシュでクリーン。シナモンやハーブ。軽いが心地よい
  • LINKWOOD 12年 花と動物 (リンクウッド)

    ¥1,000

99%がブレンド用でジョニー・ウォーカーやホワイトホースなどの重要モルト原酒。華やかでリッチなスペイサイドモルト。
  • LONGMORN 16年 (ロングモーン)

    ¥1,200

ロングモーンとは『聖人の地』の意。リッチでフルーティーなスペイサイドの秀逸な食後酒。
  • GLENBURGIE 10年 G.M蒸溜所ラベル (グレンバーギ)

    ¥700

バランタインの主要原酒で、シングルモルトとして出回ることはほとんどないがスペイサイドの隠れた美酒。

Lowland ローランド

ハイランドとは異なるライトボディで、穀物様のフレーバーが強いモルトウィスキーを、造っていたローズバンクや
オーヘントッシャンなどはライトボディの代表格でもある。アイリッシュウィスキーの製法を採り入れ、
スコットランドでは珍しい3回蒸溜を行っていた。
  • AUCHENTSHAN 12年 (オーヘントッシャン)

    ¥800

オーヘントッシャンとは「野原の片隅」の意。ローランド伝統の3回蒸溜は今やこの蒸溜所だけが守り続ける。
ライトボディでスムーズ。
  • BLADNOCH 13年 (ブラッドノック)

    ¥900

かつて何度か閉鎖の危機にさらされたが、現在は細々と操業を続けている。ややバランスにかけるが個性的な一本。
  • GLENKINCHIE 12年 (グレンキンチー)

    ¥700

90%ブレンド用で、シングルモルトとしての出荷は10%にも満たない。ライトボディでスィートかつエレガント。
ローランド伝統のモルトウィスキー。
  • ROSEBANK 12年 花と動物 (ローズバンク)

    ¥2,000

1993年に蒸溜所は閉鎖。伝統的な3回蒸溜を行う蒸溜所として知られていた。ローランドを代表するモルトで根強いファンが
いる。フローラルで花の様な風味が特徴。
  • ROSEBANK 14年(B) (ローズバンク)

    ¥1,500

1993年に蒸溜所は閉鎖。伝統的な3回蒸溜を行う蒸溜所として知られていた。ローランドを代表するモルトで根強いファンが
いる。フローラルで花の様な風味が特徴。
  • ROSEBANK 20年(B) (ローズバンク)

    ¥3,300

1993年に蒸溜所は閉鎖。伝統的な3回蒸溜を行う蒸溜所として知られていた。ローランドを代表するモルトで根強いファンが
いる。フローラルで花の様な風味が特徴。

Highland ハイランド

スコットランドの北の大部分を占めるハイランド。スペイサイドもかつてはハイランドモルトに含まれていたが、
今日ではスペイサイドを除く43の蒸溜所がハイランドモルトとゆうことになっている。閉鎖された蒸溜所も多く
スペイサイドに比べて華やかさに乏しく、規模が小さい蒸溜所が多かったのも閉鎖が相次いだ原因かもしれない。
しかし銘酒もたくさんある
~東ハイランド~
  • ARDMORE トラディショナルカスク (アードモア)

    ¥700

アードモアとは「大きな丘」の意でアイラ島のアードベッグとは反対の意味をもつ蒸溜所。味の方はアイラモルトの様な
スモーキーでピーティーな風味。
~東ハイランド~
  • ARDMORE 1993(B) (アードモア)

    ¥1,000

アードモアとは「大きな丘」の意でアイラ島のアードベッグとは反対の意味をもつ蒸溜所。味の方はアイラモルトの様な
スモーキーでピーティーな風味。
  • GLENCADAM 15年 (グレンカダム)

    ¥1,100

ブレンデッドのスチュワーツ・クリーム・オブ・バーレイの核となるモルト原酒。フルティーでクリーミー。
スィートでまろやか。
  • 名古屋市中村区名駅でシングルモルトウィスキーが楽しめる隠れ家的なバーの「BAR Kobo」のカウンター

    BAR Kobo

    愛知県名古屋市中村区名駅3-12-14
    今井ビル地下1F
    TEL 052-565-0220
    OPEN 平日17:00-24:00
       土曜日・祝日15:00-24:00
    OFF 日曜日(祝前日の場合は営業)

名古屋市中村区名駅でシングルモルトウィスキーが楽しめる隠れ家的なバーの「BAR Kobo」のブログ